宣伝だよ。
宣伝内容

ビットレートと時間と容量の計算はGoogle で良いということになった!

Posted on 1月 30, 2011 in 映像のこと, 映像のことメモ
ビットレートと時間と容量の計算はGoogle で良いということになった!

びっくりした。Google さん、こんなことまで計算できるのか!という。
例えばね、Youtube に動画をアップしたい。15分未満、かつ2GB 未満のファイルをつくらないといけない。15分未満はともかく、2GB 未満ってのは計算しないとでてこない。エンコーダによっては、仕上がりのファイルサイズを教えてくれるものもあるけど、そうじゃない場合は、自分でbps を計算しないといけない。
だから、計算表とかつくってたんだけど、そういうのはもういらなくって、Google さんはずっと前からこんなこともできたみたい。

2GB のストレージ(SDカードとかコンパクトフラッシュとか)に、15分の映像を入れようとすると、最大で18Mbps になります。という意味です。
Google さんが0.16 秒で教えてくれました。

次。

32GB のストレージに、24Mbps(多くのビデオカメラの最高画質、例外多々あり)の動画を何分撮れるのか。

その逆。
たとえば、Canon EOS 5Dmk2 をつかってフルHD で撮影すると、だいたい40Mbps。
32GB のストレージに何分記録できるのか
というと。

5Dmk2 は長時間撮影はできないけど、分割してならこれくらい撮れるんですね。

editing service

次。
片面1層のDVDに、1時間10分59秒の映像を記録する場合、ビットレートはどれくらい?

これから音声の分をひくと、映像のビットレートがでてきます。
例えば、48k 16bit の非圧縮音声は約1.8Mbpsです。
9.04Mbps から引くと、残りは7.2Mbps。

これはApple のCompressor を使って7.2Mbps に設定してみたところ。
「1層あたり71分」と書かれてます。
1時間10分59秒って、つまり71分ですね。

最後。
Firestorage は2GB までですね。
2GB までなら、動画も遅れます。
1時間10分59秒の動画を送るには、ビットレートはいくつになるのか。

だそうな。あくまで映像と音声、両方あわせたビットレートですので、それは注意。

どこでも計算できるように、Google Docs のスプレッドシートで計算表作ってたりしたのですが、それも使わなくなってしまうかも。
もっと早く気づいていれば。。。

ともかく、

  • 時間
  • ビットレート
  • 容量

のうち、2つがわかっていると、あとはGoogle さんが教えてくれます。0.1~0.2秒くらいで。