宣伝だよ。
宣伝内容

GANREFのレンズ性能テストがやばい。

Posted on 4月 17, 2009 in 写真のこと, 写真のことメモ

GANREF機材DB内、レンズの性能テストがすごくおもしろすぎる。
データベースという名のとおり、いろんな機材(ボディとレンズ)を検索してデータを見ることができるんだけど、「性能テスト」というGANREFオリジナルの項目があって、そこではDxOのアナライザーでの計測結果を見ることができる。しかも一つのレンズに対し、最小絞り値〜最大絞り値まで、F値別に計測してる。
つまり、「このレンズはF4までしぼれば充分シャープになるんだな」とか「このレンズは開放だと周辺減光が激しい」とか「このレンズはシャープだけど変な歪曲があるな」とか、わかっちゃう。
これはやばい。

たとえば、スドコがもってるAi AF Nikkor 50mm F1.8Dだと、シャープネスはこのようになる。(画像はキャプチャしたもの。)

F2.8から極端にシャープさが増すことがわかる。

nikon50mm-sharpe


同じ50mmのSigma 50mm F1.4 EX DG HSMと比較してみると。。。

Nikkor 50mm F1.8のほうが古いレンズだしすごく安いけど、絞ったときのシャープさは最新レンズに負けてない、ってことがわかる。

sigma50mm-sharpe


これのほか、色収差・周辺減光・歪曲も調べることができる。

んー。
信じすぎるのが危ないのはわかってるけど、すごく参考になる。自分がいま持ってるレンズが、絞りによってどういうふうに性能が変わるのか、見ておこうと思う。

Leave a Reply